2012年07月09日 このエントリーをはてなブックマークに追加

アンドロイド非破壊自炊アプリ FlipScanner


スポンサーリンク

アンドロイドの非破壊自炊アプリが個人的には満足いくものでした。ですが、このアプリの使用レポートがあまりないようなでご紹介。使用機種はGalaxyNexusです。

自炊カメラ FlipScanner

GooglePlayのレビューはあまり評判良くありませんね・・・。自分の場合、強制終了などなく快適に使えています。スマホの機種による違いもあるかもしれません。最大で一度に700ページ以上(見開きで350ページ以上)の本を撮影しましたが、特に問題ありませんでした。

 

非破壊自炊とは?

もう他で散々書かれているので簡単に

  • 本を裁断したくない
  • ちゃんとした自炊環境をそろえることが出来ない
  • 自分が読めれば良い
  • 指が映り込むのは気にしない
  • 多少ずれるのは気にしない
  • それ以外もなにもかも気にしない

そういう人向けの自炊方法です。

参考URLだけ載せときます。こちらはiphone版ですが。

非破壊自炊を手軽かつ最速で行えるカメラアプリ「JUCIE」リリース - GIGAZINE

 

自炊風景

動作時のスマホの画面はこんな感じ

で、実際の起動時の画面を撮影したのですが、「あれ?本の中身って公開しちゃヤバくね?」ということで、全体にモザイクがかかっており、たいへん見難くなっています。

「ピコッ」っと音がなっている時に撮影しているので、それなりのスピードで撮影できていることがお分かりになると思います。

個人的には感度高めのほうが上手くいきました。しっかりページをめくって、ピタっと止まるを繰り返せば上手に撮れます。

解像度は適当に読める範囲で1152×864にしてます。

 

撮影時のひと工夫

iphone版の非破壊自炊のアプリ紹介ではお馴染みの方法なのですが、本タワーを作ってそこにスマホを固定します。(本タワーついては『JUCIE 最速非破壊自炊カメラ・ジューシイ(電子書籍化iPhoneアプリ)』)

その他に小道具は指サックと髪留め。どちらも最寄りの百均でどうぞ。

指サックはページめくりがしやすいように、髪留めは本の表紙と背表紙の固定に使います。

写真は大きめの本の上に自炊する本を置いて、表紙と背表紙をはさんで固定してます。挟めるものなら別に髪留めじゃなくても構わないのです。挟む部分が長いもの探したらコレだったというだけです。

もちろん普通に本を読むスタイルでページをめくってもアプリは反応してくれます。ですがどうしても本が曲がってしまい、ページの境目が読みにくくなります。本は何かに固定して、上から押さえつける方がページの境目が綺麗に映ります。

普通に読むスタイルよりも・・・

本を固定して上から押さえるほうが綺麗に映る。

動画ではモザイクかけといてここではそのままって・・・。でもモザイクかけたらわかりずらくて。多少、文字は見難くしてあります。

 

ビューワー

このアプリは撮ったものをPDFかZIPにまとめることができます。撮影中、どうしてもページをめくっている途中の写真も撮られてしまいますが、それが気にならないという方はいきなりPDFへどうぞ。僕はいきなりPDFです。

で、いいピューアーがないか探したんですが、僕はコレを使っています。説明はリンク先参照願います。

Perfect Viewer : 「自炊」ユーザー必見!パーフェクトと言ってもよい画像&漫画ビューワー!Androidアプリ1835

ビューワーはなんでもいいと思うのですが、「自動単ページ表示」機能(見開きで撮った画像を半分ずつ表示する機能)はついていたほうが、スマホ画面で読む時に便利です。

 

本固定の意外な恩恵

本を固定してページめくりをすると、本が左右にブレません。このおかげで自動単ページ表示の時にすごく見やすくなります。本のページ境目とスマホ画面の中心をそろえるように固定してあげてください。

また、固定してあるので、スマホの画面の方に注意を向ける必要がありません。本に集中することができます。自炊中に見られるのは見開き1ページあたり2、3秒ですが、見出しや太字だけ拾い読みするだけで、全ページ写し終わるころには本の内容がなんとなく頭に残っています。ちょっとした速読できちゃいます。

 

注意点

バッテリーがみるみる減っていきます。

スマホが熱くなります。

 

一応宣伝しておこう

動画中や文中の画像で使用させていただいた本はこちらです。

【送料無料】情報は1冊のノートにまとめなさい

【送料無料】情報は1冊のノートにまとめなさい
価格:1,365円(税込、送料別)

とてもいい内容なので、本屋さんで見かけた際は是非手にとって見てください。確か1冊のノートにまとめなさいシリーズは『人生は1冊のノートにまとめなさい』が一番新しかったと思います。




スポンサーリンク
posted by 無理しません at 20:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Androidアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする edit  re
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。